実際のところは危険?海外FXは違法なのか、実態を解説!

海外FXに取り組む前に、「海外FXは違法なのでは?」と考える方、少なくないと思います。私も最初に海外FX口座を開設した際は、少し緊張した記憶があります。今回はそんな悩みを解決するべく、海外FXが違法であるのか否か、解説していきます。

海外FXは違法ではない!

結論からいうと、海外FXは違法ではありません。もし違法であるならば、海外FXを紹介することもアウトですので、私もこの記事を書けていません。「海外FX=違法」のイメージは、「海外だから何となく不安」といった情報不足が要因であるといえます。また、日本の金融機関も大々的に海外FXを取り扱っていないので、この点も「海外FXが違法なものである」というイメージを植え付けてしまっていると考えられます。

海外FXは違法ではないが、金融庁から警告は受けている

海外FXは違法ではありませんが、金融庁から警告を受けています。まず、金融庁としては「日本人相手に業務を行う業者」に対して、金融庁に登録を行うことを義務付けています。登録を行っていない場合、「金融庁からのお墨付き」がないため、信頼面で低い評価を受けてしまいます。ただ、登録を行っていなくても金融サービス自体を提供することは事実上可能となっており、海外FX業者が日本人に対してもFXサービスを提供できる環境はあるのです。

金融庁自体は、海外FX業者を「公式なFX業者」とは認めていません。したがって、仮に海外FXを使用してトラブルに巻き込まれてしまっても、日本政府としては特に補償をおこなってくれることはありません。「金融庁に届け出ていない業者を使って損失を被っても、自己責任」なわけです。

金融庁に届け出ていないからこそ、海外FXの強みがある

金融庁に届けていない海外FX業者ではありますが、金融庁へ登録を行うと以下の規制を受けることになります。

  • 最大レバレッジ25倍まで
  • ゼロカットの適用不可

金融庁に届け出ている国内FX業者は、最大レバレッジが25倍で、ゼロカットが適用されません。海外FX業者の最大レバレッジは3桁の数値が大半なので、これと比べると、数値が非常に低いです。また、ゼロカットが適用されず、スイスフラン・ショックのような為替の大暴落が起こった際に、負債を抱えかねません。実際、スイスフラン・ショックの際は、国内FX業者を利用していたトレーダーが莫大な負債を抱えることになりました。

海外FX業者は、金融庁に登録行ってしまうと、上記の規制を受けてしまい、本来のサービスを提供できなくなってしまいます。これを防ぐために、あえて金融庁に登録申請を出していないという可能性も十分ありますね。

海外FXの税金を納めないのは違法

海外FXは金融庁に認可を受けていないですが、海外FXを使って得た所得に対しては税金が課されます。税金を納めないと「脱税」となり、追加徴税や悪質の場合は懲役刑に課されることもあります。

海外FXだから、日本の国税にはバレないだろう」と考えている方、少なくないかもしれませんが、日本の国税はそこまで甘くありません。国税は日本の金融機関に対して、「海外から大口の送金が行われた場合、送金先の口座情報に関して国税に報告すること」を義務付けています。海外FXで所得を得ている時点で、国税が情報を握っていると考えて良いです。仮に、海外FXの所得を申告しなかったときに、国税から指摘を受けなかったとしても、それは単に泳がされている可能性が高いです。

新興の海外FX業者には注意する

海外FX業者を利用して金銭トラブルに巻き込まれても、日本政府は対応してくれません。したがって、トラブルに巻き込まれないよう最新の注意を払う必要があります。トラブルを避けるためには「新興の海外FX業者を利用しない」ことが大切になります。海外FX業者の中には、残念ながら悪徳な業者も存在しており、トレーダーからお金を騙し取ろうとしてきます。悪徳業者は、新興の海外FX業者であるのが大半です。魅力的な口座開設ボーナス、入金ボーナスでトレーダーを募り、資金を集めていくのが常套手段です。

いくらボーナスが魅力的でも、新興の海外FX業者を利用するのはあまりおすすめできません。自分の大切な資金を失いかねないので、実績のある老舗の海外FX業者を利用することが肝要となります。特に、これまで大々的な金銭トラブルを起こしていない業者を利用するのをおすすめします。

海外FX業者をネガティブに伝える業者にも注意

海外FX業者は何となく不安」という感情に付け込んで、海外FXのネガティブ情報を過度に伝えてくる国内FX業者もいます。これは、海外FXに顧客を奪わないよう、国内FX業者が行っている施策ですが、あまりにも過度なネガティブ情報を主張している国内FX業者はあまり信頼できません。

海外FXには、国内FXにはないメリットも数多く持っています。国内FX業者であるからといって、信頼のおける業者であるとは限りません。資金を持ち逃げするまではいきませんが、出金拒否を受けたり、不当な取引制限を受けるなど、トレーダーに不利益を与える国内業者もいないとは言い切れません。

海外FXは違法ではないので、恐れずに利用しよう

海外FXの利用には違法性はなく、使っても逮捕されるようなことはありません。ゼロカットやハイレバレッジなど、海外FXならではのメリットを享受できます。ただ、海外FXに対して金融庁は警告を発しており、トラブルに巻き込まれたとしても自己責任とされます。悪徳業者に引っかかってしまい、資金を持ち逃げされても泣き寝入りするしかありません。

悪徳業者は新興の海外FX業者に圧倒的に多いので、トラブルに巻き込まれないためにも老舗の海外FX業者を利用するようにしましょう。日本国内で知名度の高い老舗業者であれば、基本的に大きなトラブルを起こしたことがないので、安心して利用できます。海外FXを過度に警戒して利用しないのは非常に勿体ないです。むしろ、国内FXよりもリスク管理という面では優れているので、海外FXを利用しない手はありません。まずは、1つ海外FXの口座を開いてみて、その便利さを体感してみてください。