<OLコジカのプロフィール>

コジカの部屋

こんにちは、元OLのコジカです。○○歳です。なぜだか若くみられます。

一見、投資やFXに興味があるように見られないコジカです。

FX歴10年、FXや仮想通貨で時代の恩恵をうけました。

好きなこと:旅、美術館巡り、デザートを作って食べる、コーラを飲みながらクラシックやLudovico Einaudiを鑑賞。

贅沢には興味がなく趣味に没頭するタイプ。ミニマリスト系です。

栽培系が好き、これはミント。
お家でタルト作ってまったり食べたり。

情緒感性が動くものが好き。

FXとの出会い

FXを始めたのは20歳前半。

貯金が趣味だった私は、AFPの資格所得をきっかけに投資に興味を持ちました。

最初は手頃なFXから始めてみようと、(「堅実コツコツ!投資のキホン講座」という名前だった気がする)証券会社の勉強会に行ったらまんまと『コジカ、FXで稼げそう!』という気持ちになり証券会社のOさんにPUSHされるがままにFXを始めました。

当時流行りだった新興国通貨であるAUD:オーストラリア(80円くらい)とTRY:トルコリラ(60円くらい)を100万円分購入し、毎日のようにワクワクする日々を過ごしていました。

コジカ心の声『ああ、1年後にはもしかしたら10倍になるかもしれない♫ワクワク!!』

と思っていましたが、2週間後には30万円の損失を出していました。

アナリストさん「コジカさん、僕はどうしてもコジカさんをなんとかしたいと考えています。違う通貨ペアなど・・・。」

きっと、アナリストさんも若いOLである私のためを思ってくれた良心の言葉に違いない。。。

と思いましたが、「損切りでお願いします。」と決断をしました。

これが、人生で初めての『損切り体験』になります。

そして、別の証券会社の勉強会に行きトレード方法を教えてもらったりしたのですが、LTCMの破綻危機とかいうノーベル経済学賞などをとっている著名な2人やツワモノ揃いのファンドが破綻した事実や、本屋さんに行くと多量のFX本があり内容も様々なことから、投資の本質をなんとなーく感じていました。

「アナリストさんも人間だから100%じゃないよね。」ということを悟り、証券会社との契約を解除しました。

FXの魅力にとりつかれる

でも、FXや株という商品はなんで世の中から消えないんだろう。きっと、多くの投資家はFXや株の魅力にとりつかれているんだろうな。

そんなことを考えながらFXの本や、投資家の本を読みながら(著名な投資家の本は自己啓発よりな内容が多い)、自分でもFXをやってみたい、という気持ちがつのっていきました。

そして「デイトレード」という本と、その当時愛読していた女性FXのブロガーさん(アルパカの絵が入ったブログでした)の影響でFXを再開。投資スクールに入り、FXの方法を学びました。

そして、当時の私はアメブロでFXトレードを公開しながらブログを書いていました。

公開して書くことでいろんな人との繋がりができるかもと思ったからです。

そこでは、女性トレーダーさんとの出会い、様々な職種のトレーダーさんとの出会いがあり(ITやデザイン関係、学校や病院の先生などいろんな人がいました)、一部いかがわしい方々もいましたが、みんなでオープンな勉強会をしたりと楽しく過ごしていました。

当時すごいと思ったのは、2週間で50万円から700万円になりましたって、さらっと言っていたデザイン関係の仕事をしている若き女性です(すっごい綺麗な子)。

ブログ界隈では、豪華な料理の写真やブティック写真だけ載せてトレード内容がない美人な女性が続出していましたが、その子達をグーンと抜いてしまうくらい美人で頭がいい子でした。

その子の得意技は「損切り」でした。やっぱり肝はこれだよね。

『女性って、未練なく切れるよねえ・・・。恋愛にも現れてる。』

そんなことを女性同士で話しつつ、私もその子のトレード手法を真似ながら1ヶ月で50万から100万いったりまた振り出しになったりと、でも着実に成長を感じていました。

この当時、私は国内FXと海外FXの2つの口座を持っていて、主軸はハイレバレッジでトレードできる海外FX会社を使用していました。

強烈なFXの思い出はスイスフランショックとアメリカ大統領選挙

「お金がゴミのように増えていく感覚」

これは、私がTwitterでみつけた言葉です。男性のトレーダーさんだったのですが、本当にびっくりするくらいに動画でお金が増えていっていました。

これがFXの世界なんだあ。。もしかしたら、勉強してちゃーんとトレンドをつかんでトレードをしたら私もこんな風になるかもしれない。

『でも、ゴミってなんだか嫌な言葉だなあ。まあ、こんな一気にじゃなくてコツコツできたらいいや。』

と真面目な私は思ってました。

忘れもしない2015年。

それは急に起こりました。いや、数日前から周囲のトレーダーの中では噂をされていました。「スイス関連は注意して」。

それを聞いていたのに、私はうっかりポジションを手仕舞いせずにもったままでいました。

数日後、スイスフランの急騰が起こりました。

『うわーー、、やってしまった。。損切りは設定してるけど追証かなあ?でも海外FXだから追加資金入れたら大丈夫か(呑みだから)、、でもあまりにも多かったらだめだよね、、ああ、やっちゃったーー泣』そんな気持ちでチャートをひらくと見たことない数値の残高になっていました。

なんども確認したけど、すごい増えすぎてて恐ろしかったです。数日間眠れませんでした。

でも、、Twitterではマイナスになった人たちの追証のツイートがたくさん流れていました。

わあ、、これが逆だったら本当にぞっとする。

この経験から、超少額(私がFXを始めたのは50万円)からでも○億円って稼げるんだと思いました。と同時に、FXに対してビリッと身がひきしまりました。

そして、2017年アメリカ大統領選挙では緩やかに円安へ。その当時のみんなの思惑とは逆の方向に動いたのですが、私たちはポジティブな予想をし、そしてローソク足の形から確信していました。

当時、一緒にFXしていた友人やITの方々、病院の先生と小躍りしていたのを思い出します。

貯金が好きな私でしたが、今回はきちんと考えて大きく利益を出すことができたので自分のために時計を買いました(30万円)そして父にパソコンをプレゼントしました。

今は新型コロナウイルス。ポジティブな気持ちになりにくいのですが、よみやすい日足だったので利益も掴みやすかったのではと思います。もちろん、自動売買は一時期OFFにしました。

こんな記事を書いていると、すごい利益ばかりに見えますがもちろん数数え切れないくらい損失の経験もあります。

FXトレードじゃなくても痛い目にあったこともあります(人生いろいろ)。

このホームページで伝えたいこと

投資をしていると、世の中の動きや変化によって人の気持ちが動く様をみることができます。

世界は不確実、唯一動かない真理って「変化する」ってことだと実感します。私たちは時代の子(by哲学者ヘーゲル)であり、時代には逆らえないことを感じるのです。深い。。

アメリカで起きたことは日本にも波及するし、世界は繋がってる感じがする。

そんなことを思いながら、今しっぽりとコーラを飲みながら過ごしています(お酒・タバコ類苦手)。

私たちが絶対だ確実だって思ってたことは、儚くも確証されない世の中です。COVID-19によって、きっとみんなすごく不安な気持ちで過ごしている方が多いだろうと感じました。

2年前まで同じような目的で投資サイトを運営していたんですが、婚活を始めるにあたって印象がよくないなと思い閉鎖。

でも、また再開しようと思います。

私は、自分に合った手法や生き方を教えてくれた人たち、一緒に学んだ仲間に出会えたことで、チャンスを掴むことができました。

このホームページが、見てくれた人のチャンスを掴むきっかけになれたら嬉しいです。

あ、ちなみにFXをするときのオススメは断然、ハイレバレッジの海外FXです。今は一切国内FXは使用していません。

税金は累進課税なので結構とられますが、レバレッジのきかせかたが全く異なるので少額から大きな額をとりにいくなら断然、海外FXが有利だと思います。

ちなみに別の投資話になりますが、投資をしていると別の投資の話も耳に入ってくるようになります。

私は仮想通貨の話を聞いた時に、すぐにブログを作成してユーチューブで流しながらICOをしまくりました。

その結果、仮想通貨のブームに乗ることができました。

私の周囲では、「この前お母さんにエイダコインすすめて10万円分買ってもらったんだけど、数ヶ月すごい白い目でみられてたのに7000万になっちゃった。とんでもないけど税金が怖い。」と話してた友人もいました。

現に、私もCOMSAやイーサリアム、ヴァージコイン、トロンなどなど10倍、100倍と面白いように増えていきました。

投資って人にこれ買ったほうがいいよって伝えることはかなりリスクだし絶対にできないけれど、仮想通貨いいよ。って購入方法を伝えるだけでみんなある程度利益を出せた頃だったのですごく楽しかったし、いい思い出です。

私がラッキーだったのは、やはり周りの環境でした。周囲には私以上にトレードが上手な人や自動売買を自分で作ってトレードしている人、稼いでいる人、仕事でも成功している人がたくさんいました。そのため、メンタルも手法も鍛えられたなと感じます。

このホームページをみてくださった人が、FXに魅力を感じてくれたら嬉しいです。

そして、しっかりと自分のお金を守りつつトレードができるように(願わくば大きなイベント時にチャンスを掴めたら)なれたらと思います。